株式会社アド通信社 西部本社

adverting and communication

有効な解決策をご提案します

いい人材が欲しい

生産年齢人口の減少に伴い、求人・求職状況としては新卒、既卒、転職者の対象を問わず、「人材の売手市場」が続いています。企業の求人ニーズはいうまでもなく、企業の維持・成長を支えるために必要な「いい人材の確保」です。成熟市場で不況が続く現在にあっても、企業は常に新陳代謝を必要とし、新しい血、新しい顔、新鮮な頭脳を求めています。ところが、求人状況が売手市場にある中も、「求人広告を出すが応募がない」、「希望するスキルや資質を持つ人材が確保できない」、「特定の資格を持つスペシャリストが欲しいが集まらない」など、求人広告に投資した費用と求人効果が合致しないケースが見られます。

その原因としては、「媒体選定が適切でなく、欲しい人材に情報が届いていない」、「求人広告の表現プランが的を得ていない」、「条件や待遇が悪く求職者側にスルーされている」といったケース等が想定されます。求人広告を出稿するが効果がない。こういう場合には、求職者の立ち位置での思考で、媒体プラン、表現プランを設計し、適切な時期とタイミングを選んで広告展開をおこなう必要があります。

 

一般に、求人広告に反応する層の求職ニーズの背景には、「自分が好きな職種に就きたい」、「キャリアアップをしたい」、「自分の適性と現職がミスマッチなので転職を希望」、「リストラなどにより退職したが、得意分野で働きたい」、「職場環境や報酬・待遇が不満があるので転職を希望」など、そこには多様な転職ニーズ、シーズが存在します。企業の側の都合を優先した求人計画では思うような求人効果が上がらない理由がそこにあります。

費用対効果にご満足いただける求人計画

求人ニーズのある企業と、求職者の状況を適切に判断し、結びつける最適な広告求人プランのご提案。アド通信社では、経験豊かなスタッフが費用対効果にご満足いただける求人計画の策定、実施を専門的に担っています。貴社の人事部外部ブレーンとしてきめこまかいサービスをお約束します。

アド通信社