株式会社アド通信社 西部本社

adverting and communication

企業情報

ごあいさつ 私たちアド通信社が目指すもの。

代表取締役 古賀英一

代表取締役社長
古賀英一

プロフィール
昭和27年生まれ。福岡県柳川市出身

昭和42年の創業以来、私たちは一貫して地域に根ざした企業活動を行ってまいりました。時代との接点を見据え、常にコミュニケーションのあり方を模索してまいりましたが、近年の広告を取り巻く環境は大きく変化し、広告会社に求められる役割や機能は多様化し、より複雑になってきました。

この大変化の時代に、私たちが目指すものは、従来の広告代理店から「広告業」+「メディア業」+「コミュニティ業」の構造を併せ持つ複合業態のコミュニケーションメーカーへの進化です。地域に密着したエリアエージェンシーとして、徹底してローカライズされた事業を展開し、地域社会への役立ち度の高いスーパーニッチ企業になることです。これは従来型の広告代理業からの脱却ともいえる私たちの決意の表れです。

今後は生活者視点を基本に様々な手法を駆使し、より一層、生活者との間に独自のつながりを構築することを新たな使命に、生活者(消費者、求職者)を本来的な顧客としてとらえた事業展開を進めていくことが、私たちが目指す事業の裏づけになると確信しています。


自社媒体の開発育成を通して、生活者とのリレーションを構築し、直接マーケットに向けてのリアル商材の販売代行とサービスの提供を行うチャネル開発業態を形成し、「コミュニケーションメーカー」としての業態確立を目指します。

キーワード
キーワードは
  • エリアマーケティング(費用対効果の高いマーケティング提案)
  • コミュニティつくり(一般生活者とのインターフェイスつくり)
  • ジタルとアナログの融合(独自メディの開発とクロスメディア展開)
  • 地場中小零細企業支援(コンシェルジュ機能の提供)

広告代理業の枠組みを大きく越えて、「マーケティングサポート事業「ヒューマンサポート事業」「オリジナルメディア事業」「コミュニティ(販売代行・直販)事業」の4つの事業分野で更なる新機軸を進め、地域社会(広告主企業・生活者)に強く必要とされる役立ち度の高い企業に成長できるように、社員一丸となって今後も努力を重ねてまいります。

何卒今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

アド通信社